桜花法律事務所 離婚相談サイト

Tel:075-223-1002

受付時間 平日 10 : 00 ~ 17 : 00

桜花法律事務所 公式サイト

弁護士依頼のメリット

弁護士依頼のメリット

1

法律の専門家として
正当な権利を守ることができる

 一人で離婚交渉や離婚調停をする方もいます。
その場合、立場の強い方が弱い方に対して過大な要求を突き付けたり、正当な権利を放棄させたりなどして結果が不公正なものになってしまう場合や法的な知識が不足しているために、離婚した後にトラブルになる場合が多くあります。

また、離婚調停において、調停委員の方々は中立の立場で手続に関与しますので、必ずしもこちらの味方になってくれるわけではありません。
場合によっては、権利を守るために調停委員の方々に対しても強力に説得する必要があります。

弁護士には離婚について豊富な知識と経験があります。
弁護士に依頼することで貴方の権利を適正に行使することが可能となり、後日のトラブルを防ぐことができます。
出来るだけ早い段階から弁護士を付けることをお薦めします。

2

全局面において代理人になることができ、
戦略的に手続を進められる

司法書士や行政書士の先生方でも離婚相談を行っている方はいますが、司法書士や行政書士の先生方は、協議離婚に関する書面を作成することができても、協議離婚、家庭裁判所の調停や離婚訴訟についての代理権はありません。

弁護士であれば書面作成だけでなく、協議離婚・離婚調停・離婚訴訟の全てに代理人になることができるため、もっとも有利な手続を主軸に、戦略的に離婚を進めることができます。

3

相手方と顔をほとんど顔を合わせずに
離婚手続ができる

離婚に関する交渉を当事者が行う場合には大きなストレスを伴います。
不満があって離婚手続をするのですから、どうしても離婚交渉は感情的なものになりがちです。

弁護士に依頼することで、相手方とほとんど顔を合わせることなく離婚手続を進めることができます。

あなたのお話をじっくり聞かせてください 初回相談1時間無料